経験がものを言います

どんな職業でも、経験はとても大切です。特に、医者や歯医者は、いろいろな経験を積むことによって手術が上手くなっていきます。どんな簡単な手術だろうと、初めて行う時は緊張するものです。人の命を預かるわけですから緊張するのが当たり前です。ですが、それを乗り越えて一人前の医者になっていくのです。一人前の医者になるためには、とにかく経験を積むことです。多くの手術を経験していると、順調に終わる時や、不測の事態に陥ることもあるでしょう。不測の事態に陥った時に経験が浅いと、パニックになってミスを犯してしまうかもしれません。でも、しっかりと経験を積んでいる医者であれば、不測の事態でも対処できるようになります。自分がまだ経験したことない事態でも、似たような事態からどのように対処すると良いか考えることができます。そうやって経験を積んでいくことによって、どんどんスキルアップしていくのです。どんな名医も、初めはただの素人医者なのです。そこから経験を積んで努力を重ねて、名医と呼ばれるようになっているのです。看護師にも同じことが言えます。経験を積むことで、看護技術や洞察力が身についていきます。看護師としての経験をある程度積むと、さらなるスキルアップを目指して認定看護師・専門看護師・保健師などの資格を取得する人も多いようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です